2005年01月07日

おかゆはダイエットによい!?

今日は七草です。
我が家は夕飯に七草粥を作りました。
皆さんの食卓はおかゆの『あて』はありますか?
うちは必要なんです(>_<)

せっかくいいダイエットなるわ、と思っても
『あて』に少し油のものが必要となるとこれはダイエットになるのかなあ〜と。
結局は『肉』ですかね(^_^;)
今日は冷凍してあったプルコギ(市販ですがおいしいんです!)とシュウマイ!
バランスが微妙ですかね(^_^;)
でも、このアンバランスさが家庭料理と思っています。

さてダイエットの話ですが…。
おかゆは結局ダイエットにいいのでしょうか!?
今日は『あて』に肉を出しましたが、おかゆに使うお米の量はやはり少ないです。
腹持ちに欠けるというデメリットはあるかもしれませんが、
夕飯にもってくることで(寝るだけだし)空腹はやり過ごせると思います。
逆におかゆを朝食にもってくると昼食までの腹持ちに少々不安なものがあります。
空腹は辛いですものね(^^)

また別のダイエット方法では朝食をごく軽く、というのもあるのです。
ずっと前に雑誌で読んでうる覚えなのですが、
昼までは脳もしっかりと起きていないので、
朝食はトーストとブラックコーヒーで充分なカロリーだと…。
これは確かお医者さんが実体験しているダイエット方法です。
確かに、納豆などのたんぱく質やビタミンなどの栄養は
夜に摂ったほうがいいという説もずっと以前からありますしね。

結果からいうと当事者が嫌がらなければおかゆはいいダイエットの
食事になりますね(^^)
ただ毎日でなく定期的に曜日などを決めて効率的に取り入れておくほうが
ストレス(食に関しての)は少ないかもしれませんね(^^)
あくまでもこれは本人の協力のない
『夫は協力しないけど夫のダイエット』での話ですけどね(^_^;)
posted by KIM at 23:35| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日、こんな記事を読みました。

”餃子”は中国ではとてもめでたい食べ物。
正月の三日間は餃子を食べる風習があるとか。

餃子の半月形が古代通貨「元宝銀」の形に似ていることから金運UP、
餃子という字が「交子(子供を授かるという意味)」に通じ子宝運UP。

中国では水餃子や蒸餃子で食べるので、とてもヘルシー。
(余って冷たくなった物を焼くくらい。)

肉よりも野菜たっぷりで緑黄色野菜(ニラ・ショウガ・ネギ)をふんだんに使うので
栄養バランスは抜群!
あんなに小さいのにたんぱく質・脂肪・炭水化物・ビタミン・ミネラル・食物繊維が
全てが摂れているそうです。

更にニンニク・ニラ(含硫化合物)が豚肉(ビタミンB1)とくっついて吸収促進、
皮の炭水化物の代謝を促してスタミナをつけるそうです。

ちょっとトリビア的??
Posted by 菊蔵 at 2005年01月12日 12:03
国によって食文化はとても興味深く、知ることはとても楽しいですね!
言われてみれば餃子は野菜たっぷりですね。
今日は昨日の残りのカレーと餃子にします。
(あるある〜によると低炭水化物ダイエットはカロリーを少し多めに摂っても良さそうなので)

実は買い物せずに家にある食材で過ごせるだけ過ごそうと企んでいます(*^。^*)
買い置きの高野豆腐やツナ缶、乾燥ひじき昆布、アンチョビまで使って食べつくしたいと思いますヽ(^o^)丿
Posted by KIM at 2005年01月12日 13:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1513244

この記事へのトラックバック


Excerpt: 七草粥七草が既にあるのですが……。「七草粥」についても書いています。どうしましょう。 15:12 2003年12月9日 (UTC):七草に追記してリダイレクト化でいいんではないでしょうか?(七草粥だけ..
Weblog: ダイエットのココロ
Tracked: 2007-09-30 10:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。